どうも、奈良です!

氷上原理主義者とか書いてますが、ぶっちゃけそんなことはありません。
カッコつけてみただけです。

1/27(土)~1/28(日)において、我々ワカサギ使節団は桧原湖の視察・実釣を行ったので、紹介します。

ワカサギ使節団

ワカサギ使節団メンバー(敬称略)
・じゅんべい
・R32
・根掛り
・奈良
・M

我がサークルの選りすぐり(キチ○イ)メンバーでの釣行となった。

1/27(土)
氷上初体験の私は、期待と不安を胸に桧原湖の氷上に立っていた。
ハイシーズンだけあって、そこら中にテントが立っている。

この日は一日中渋い状況であった。
皆が、帰り始めた16時過ぎあたりから、魚探にはかなりの反応が出ていたが
反応の割には食わないという印象
もはや、どうやって口を使わせていいのかもわからないような状況のまま一日目は幕を閉じたのである。

1/28(日)
使節団の誇りを胸に、起床
のつもりがまさかの寝坊….
まさかの使節団にあるまじき失態。

メンバーの一人は喜々として、妖怪○ッチを見ている始末(笑)

まぁ、何はともあれこの日は、前日とは少し異なるポイントへ。
前日に航空写真で大まかな地形を確認し、ある程度の目星をつけてからの釣行である。
桧原湖 氷上

当日の安全と大量を祈願して日本酒を捧げる。(純米大吟醸だぞ!)

このおかげか、この日は何と調子が良く。一投目から、アタリが連発。
これはいいぞとみんなでテンポ良く釣りあげていく!

しかし、昼を回ったころから、ワカサギがスレてきたのか口を使わなくなってきた。
後半は釣れなさ過ぎて、場所のせいにする始末(これをダークサイドに落ちたという)

なにはともあれ、非常に楽しい桧原湖釣行でした。
近いうちにまた、リベンジしたいと思います。

ワカサギ使節団の名に懸けて!

おまけ:ワカサギカップラーメン←マネしていいよ♡
ワカサギ カップラーメン

【気づいたこと・感じたこと・反省】
・細仕掛けはイイ気がする… トラブらなければの話ではあるが
・1日目は特にポーズの時間をかなり長めに取らないとあたりが出ない気がした。
・1日目は終わり際に、魚探に凄い反応があったが、なぜか当たらない。まったく口を使ってこないのか、または、タックルの
 セッティングによってあたりが出ていないだけなのかもしれない。
・当日の問題なのか、桧原湖の問題なのか、赤虫の効きが悪い。今後も使用してみて検討してみたい。
・蛍光玉にスレているのか、2日目の終わり際には、蛍光玉の仕掛けを使っている私とR32には全く当たらない時間があった。
・大人数の釣行はテントが狭い点では大変であるが、異なる道具を借りることができ、仕掛けの差の検証等がしやすいため
 非常に有効である。
・反省:1日目のワカサギを保冷のため駐車場の雪に埋めて置いたのだが、帰り際に戻ると、動物か何かに荒らされてしまってい  た。今後はこのようなことが無いようにする。


他に気づいたことなどありましたら是非、追記お願いします!
スポンサーサイト

皆さん、こん○○は!
奈良です。

この寒い中、釣るものも少なく退屈している方も多いのではないでしょうか。
かくいう私もその一人でして、最近からワカサギ釣りを始めました。

今回の釣行で2回目かつ、初の自前タックルとなります。
初心者なりにいろいろと感じたことを書いていきたいと思います。

【使用タックル】
・リール:シマノ レイクマスター
・穂先:バリバス ワークスリミテッド285RX
・ライン:PE0.2

当日は野尻湖マリーナさんにお世話になりました。
この日は彼女と2人のお気楽釣行でした。ドーム船であれば、ストーブやトイレもあるし、家族連れやカップルでも気軽に釣りができるので良いですね!

この日は船長いわく、濁りがひどいとのこと
水深約23mと結構深場での釣りとなりました。

あたりは、基本的にポツポツ釣れ続く様な感じで、飽きず、集中力が保てるくらいの反応は常にありました。

実は、隣にDAIWAの久保田稔さんがいらっしゃいまして、いろいろとお話させていただきました!

久保田さんはクリスティアCR PTⅡαを2台使用していたのですが、名人誘いを効果的に使い餌交換中もワカサギを掛けていました。
久保田さんいわく、自分の手で誘うよりは釣果は落ちるが、それでも7割ほどの釣果は出るとのこと!!(驚き)
私のような初心者であれば、名人誘いの方が釣ってくれるかもしれません(笑)

間近でこんな釣果を見せられるともちろんPTⅡαが欲しくなってしまいます。
二台目は絶対にPTⅡαを買うと硬く心に誓った私でした。

昼頃は、ヒメマスの猛攻がひどく、船中至る所でヒメマスがヒットしていました。走られて仕掛けが祭るので厄介な相手です。しかし私たちにはヒメマスのヒットは一度も無かったです。

餌は白サシ、紅サシ、赤虫を用意して各餌の食いを確かめてみたり…

彼女にも楽しんでもらえ、また久保田さんの釣りを真近で見ることができた、非常に有意義で楽しい釣行となりました。

見事、ワカサギにハマってしまった私。
今年の冬はワカサギ釣りに通い詰めたいと思います。

DSC_0128_(2)_convert_20180124024511.jpg

2人分の釣果
大した数ではないけども楽しめたからいいんです(笑)

【気づいたこと・感じたこと】
・赤虫の餌持ちは想像したよりも悪くない。2~3匹くらいであればもつ気がする。

・赤虫の方が切らなくてもいいので餌付けが楽。

・赤虫には一回もヒメマスは食ってこなかった。これは場所の問題かもしれない    が、当日はヒメマスの猛攻がひどく、もしかし たらこのような場合に赤虫は有効かもしれない。

・大型のワカサギはサシの方が食ってくるような気がした。逆に赤虫は小さいものが多いと感じた。

・久保田さんの誘い方を見て、誘いの違いで当たりの出方が大きく変わることを身をもって体感した。実際、自分の誘いはストロー クが長い感じであったのだが、久保田さんの誘いを盗み見て(すみません…)それに近い動きになるように誘った結果、明らかに あたりが増えた。

・自分の誘いは、オーバーアクションなのではと感じた。ワカサギのように小さ  い魚であれば、もっと細かい誘いが基本なのかも しれない...

・赤虫によるユスリカアレルギーが少し怖い。つまんだ指で皮膚の薄い部分を書くと少しかゆい?気がした(笑)

・前回、じゅんべぇさんに借りて使ったDDMでは、アワセたとき、ワカサギの乗った重みは、大型のものしか正直わからなかった。今 回レイクマスターを使用したところ、普通のサイズでの重みも感じることができた。重みを感じた瞬間は気持ちイイ!リールの軽さ のおかげか。

・白サシ、紅サシを交互につけると、この日は紅サシばかりワカサギが食っていた。久保田さんもピンクのビーズが反応いいとおっ しゃられていた。これも濁りのせいか。赤虫も赤系で濁りの中、視認性がいいのか反応は良かった。

・名人誘いは二台持っていると非常に有利だと感じた。餌交換中の釣果が0か1では大きな差である。

最後に。
久保田さん、釣りのお邪魔してすみませんでした。
私のような初心者の質問にも丁寧に答えてくださり、ありがとうございました!
久保田さん ツーショット

あけましておめでとうございます。
R32です。

先日、五頭フィッシングパークに行ってきました! 最近、管釣りしか行ってないな…


日程:1月6日(土)8:00~13:00
場所:五頭フィッシングパーク
天気:曇り時々晴れ時々雨
風:後半にかけて少しあり
釣行者:R32、奈良くん
個人釣果:ニジマス×10匹
タックル
ロッド ダイワ ロッド プレッソ 60XUL・N
リール シマノ ヴァンキッシュC2000S
ライン VARIVAS AREA Master Limited フロロ 2.5 lb 0.5号


結論から申し上げますと、修行でした。


26700.jpg
水質は結構クリアでした。そのため手前に魚がいないのがよく見えました…

これヤバいんじゃないかなんて話をしながら、いよいよ開始の八時になります。

一投目……アタリなし。
周りからもドラグ音が聞こえず、かけている人はいないようです。


結局、いつものように一投目から釣れ続くことはなく、ぽつぽつ釣れる渋い状況となりました。




26701.jpg
ときどき晴れてくれたのが救いですね。


反応が少ないので、ペレットタイムがいつも以上に貴重でした。


31366.jpg
今回は真ん中にある白いカウンターで数をきちんと数えました。
(リリーサーを使ってきちんとリリースしたもの、ランディングネットに入ったものをカウント)





あまり数が出ていないのでわからないことが多いですが、いちおうまとめておきます。
~まとめ~
・この日は放流魚が入っていなかったらしい。
・結局、どのルアーが良かったのかよくわからなかった。クランクでもスプーンでも釣った。
・いつも以上にルアー交換直後の反応が良かった気がする。
・しいて言うなら、棚は中層から底層あたりがよかった。
・ペレットタイムがあってから(?)、群れがまわってくることが増えた。最初に小屋近くのところに魚がたまっているのが見えたので、そちらからまわってきたのか?
・奈良くんは底付近のデジ巻きやボトムバンプで釣っていた様子。
・手前でのバラシが多かった。針の刺さりが甘いあるいは食いが浅い状態で手前まで寄ってきて、リリーサーを出そうとしたタイミングでテンションが抜けてバレるイメージだった。針のこまめな交換で改善できたか、極細軸のフックのほうが良かったか?
・ガイドが凍ることはなかった。
・デカマスはかからなかった。周りで釣っている人はおり、ルアーに反応を示す大物もいたので、単純にいつもより釣れていなかったからか。
・この日は全体的に追ってきても見きってどこかへ行ってしまうマスが多かったと感じた。
・周りの人もいつもほど釣っていないように感じた。お店の人によるとこの日は常連さんが少なかったらしい。
・休憩中にいただいたぽっぽ焼きがおいしかった。


新年からきびしい釣りでした……
奈良くん運転ありがとうございました。




おひさしぶりです。R32です!

個人的に釣りおさめとして2017年12月31日に川場フィッシングプラザに行ってきました。


日程:12月31日(火)6:50~16:00
場所:川場フィッシングプラザ
天気:曇りときどき晴れ
風:ほぼ無
釣行者:R32、地元の友人×3
個人釣果:ニジマス×約30匹
タックル
ロッド ダイワ ロッド プレッソ 60XUL・N
リール シマノ ナスキー 1000S
ライン ArmoredSトラウト 0.3号 100m
リーダー ダイワ PRESSO Leader TYPE F 3lb

6時半頃に到着。ポンドの角で6時50分から釣りを開始する(1.6gパル)がいまいち反応が無い。(釣堀自体は6時から開いていた。)
まわりもぽつぽつかなーなんて考えながら、クローザー0.8 gに交換するとすぐに一本目が!
20171231.jpg
かわいいですね。今回の釣行ではこのサイズがほとんどでした。

8時ごろから友人3人が合流。彼らはレンタルタックルで釣り開始。
タックルにはクランクベイトがついていました。
はじめは、キャストや一定巻き、ガイド凍結やライントラブルで苦労していましたが、だんだん慣れてくると、クランクでぽつぽつ釣っていました。
S__18513931.jpg
インストラクターの方に借りたクランクの使い方や、レンジについてなど教わりながら釣ってました。



自分の方はしばらくクローザーのカラーローテーションで釣れ続けました。
お昼ごろになり、違うことも試そうとパルにします。追ってくるがバイトに至りません。
そこでデジ巻きで底付近を探ってみます。すると魚が数匹一生懸命追ってくる様子が確認できました。
目で直接見えるところで魚に合わせてうまく食わせの間を与えてあげるとヒットしました!

それからパルのデジ巻きで釣ったりクローザーのただ巻きで釣ったりしていると、だんだんに反応が悪くなってきました。
どうしようかな~と考えていると、建物からの放送で放流するとのこと!
放流魚狩りをするために準備をすると、車が自分の隣に止まり、すぐ近くで放流が‼!

それからは入れ食い状態がしばらく続きます。パルが反応良かったと思います。
地元の友人へのお土産用に10匹ほどキープ。



受付付近にある200円のガチャガチャで手に入れたクランクで遊んだりしていると
だんだん人も少なくなり、空いたところに移動して釣ったりして釣り終了。
最後に流しでキープしたニジマスの内臓と頭を取り除いて、帰りました。
S__18513942.jpg



~簡単にまとめ~
・地元の友人×3のライントラブルの処理等に追われていたので、そこを除けばそこそこコンスタントに釣れていたと思う。
・午前中はガイドの凍結が多発し苦労したが、午後からは日も時々出てガイド凍結がなくなりだいぶ楽になった。
・後半、針交換の必要性が増し、時間ロスになった。
・きれいなトイレ、食堂、さばく用の流しなど施設が充実していた。
・その場で釣った魚を塩焼きにしてくれる。(別途料金)
・200円のガチャガチャでクランクとスプーンを手に入れた。
・ラバーネットやビクの無料貸し出しがあり、ありがたい。
・サイズに関して。五頭に慣れていたせいか、サイズがえらく小さいものしか釣れないように感じた。
大きかったのはスレでかけた50 cmくらいのロックトラウト。ランディングしてくださった方(釣堀の方?)ありがとうございました!
口でかけて持ち帰りしたかったなぁ…
・非常に水質がクリア。サイトでの釣りで興奮。魚がいるタナや群れが回遊してくるとある程度視認できる。偏光グラスがあったらもっと良かった。
・手がぬれると一気に冷える。リリーサーがあると手返しもいいし、手も冷えない。
・棚は真ん中くらいからちょい下あたりを探るイメージで釣りをしていた。
・底付近デジ巻きで誰かのルアー1つが引っかかり回収できたが、その後に根掛かりしルアーを1つロスト。
・ルアーを身につけたイトウがしょっちゅう回遊してきていた。
S__18513933.jpg

とりあえず初心者の方々にも釣っていただいて、楽しんでいただけたようなので良かったです!

こんにちは!R32です。


ついに五頭フィッシングパークで開かれたビックワントーナメントが幕を閉じました…
今回の記事には期間中に撮った画像をまとめて載せたいと思います!





一枚目 
24270.jpg
大物連発!さすがビックワン期間という印象を受けたサイズでしたね


二枚目
24273.jpg
鼻先がとがっている♂のニジマス


三枚目

51363.jpg
サークルOBのたつべさんが来てくださいました!この日もたくさん大物が釣れました

四枚目
51365.jpg
オスしかヒットしないと言われるルアーで見事に大物ヒット!脂の乗りがヤバかったそうです


五枚目

73289.jpg
全然あがってこなかったため、サイズ計測をする係員さんも駆けつけるがまさかのコイ

六枚目
73291.jpg
Tonyパイセン逆転の一発!!周りの方々(常連さん方?)のサポートが大変ありがたかったとのことでした
身の厚みもヤバかった…

七枚目
24493.jpg
これはビックワンが終わった後の釣行
大物がまだたくさん残っているようでした!



八枚目

24488.jpg
この日初管釣りの新入生。見事大物を釣り上げていました!

九枚目
24318.jpg
釣ったマスでパーティー!
個人的にはマスカツ、マス寿司、漬け茶漬けが特にうまかったです!!
相変わらずの写真うつりをあまり気にしない盛り付け

十枚目
24478.jpg
漬け茶漬け  味付けがいい感じでした!


十一枚目
24494_0.jpg
JIMのDVDでお勉強します!
釣りビジョンを契約していない人のために五頭フィッシングパークさんが置いてくれてます



結果的に釣りサーからは、3人が入賞しました!
景品の内容も各々が満足できるものであったと感じております


ビックワン期間中に頻繁に五頭に行っていた人は簡単にでいいので、追記をお願いします‼

【追記】
こんにちは!Tonyです。

R32さんが期間中のほとんどをまとめてくださってるので、自分はラインとルアーについて感じたことを簡単に書きたいと思います。

・ビックワン期間中使っていたラインは、VARIVAS スーパートラウトアドバンス4lb
エリア用ではなくネイティブ用なんです‼

・「ミスティーブラウン」というカラーのカモフラージュ性に加え、同強度で他社よりも細いところが気に入ってずっと使ってます。
あと、4lbを使ってるので、高い安心感と掛けた後に少しだけ余裕が得られます。

・ルアーは、大型狙いでアプローチ距離を長めに取りたかったので5gのスプーンを中心に終始投げてました。
カラーリングは、フラッシング系→レギュラー、マッド系→大型という感じで反応が別れた。
アクションは、遅めのリーリングでフォールさせてシャクリで変化を与えるのに大型の反応が良かった。
(イメージとして村田基のやっていることに近い。)
フックはカルティバSBL-51#4を使っていたが伸ばされることはなかった。

・最近は魚の意識が下にあるときに、ボトム系ミノー「ZAGGER 50 B1」をデジ巻きするスタイルにハマってる。