こんばんは! もっちーです!(初めて投稿します)

先日11月3日(金)に五頭フィッシングパークへ行ってきました!


日程:11月3日(金)8:00~13:00
場所:五頭フィッシングパーク
天気:快晴
風 :ほとんどなし
釣行者:奈良さん、Wさん、Tony、もっちー
合計釣果:ニジマス×約30

タックル
ロッド:ダイワ イプリミ 60XUL
リール: ダイワ レブロス 2004
ライン: VARIVAS Master Limited(ナイロン) 0.5号 
リーダー:なし


IMG_0203 (2)












今回も8時に釣りを開始...しかし一投目からほとんど反応なし...
この状態が1時間半続きます。
最初から反応がとても悪かったのでとても焦りました、10時過ぎに水車稼働とペレットタイムで少しずつ状況が好転していきます。
(それでもヒットは少ない)

IMG_0207 (2)






ここでようやくヒットしました、しかしアタリが少ない...



IMG_0209 (2)





クランクでヒット、この後4,5回ヒットで終了でした...






~考察~
・ビックワントーナメント初日で人が圧倒的に多く(おそらく30超?)、さらに気温が高く活性が恐ろしく低かった。
・ヒットしてもすぐに反応がなくなり、スプーンの交換がとても多かったと思う。クランクはスプーンに比べてそうでもなかったが、活性が低いことに加えて、藻がとても多いせいでトップとボトムを極端に攻めることができなかったのでそこそこ厳しかった。
・今回ヒットしたルアーはいずれも遠投できるものであり、なおかつフックを交換したものであったので、道具の整備の重要性を強く感じた。いつも使っているスプーン・クランクに今回はあまり頼らなかったので次回以降の釣りに活かせるようなルアーがわかってよかったと思う。
・フォールでのヒットはほとんどなく、チェイスでヒットさせたのが大半。個人的反省としては、まずよかった点として、以前からの欠点であったライン頼みの低レベルなロッドの使い方からようやく脱却できた点と、クランクの操作性が向上した点が挙げられる。食わせてからのバラシが激減したのと、ライントラブルの減少は自分にとって大きくプラスだと思った。今後の課題として、ドラグの締め方の調整が甘く、ラインにかなり負荷がかかっているのとフックを折られたので食わせ方にまだまだ問題があると思う。次回以降ライントラブル等を極力減らすのともっと数と大きさを狙っていきたいと思った。

ヒットルアー
・ValkeIN  Kuga F マットオリーブ 
・ValkeIN HI BURST 蛍光ピンク 2.6g
・MIU オレンジヤマメ 4.2g
・PAL フラッシュレッド 2.5g
・PAL  ストライクブルー  1.6g     
                         ...等。
ヒットルアー数:7 / 使用ルアー数:16  所有ルアー数:29(内クランク4、スプーン25)



奈良さん運転ありがとうございました!!











スポンサーサイト
お久しぶりです!
R32です


11月3日(金)から五頭フィッシングパークで行われる「ビッグワントーナメント」に向けて、五頭に行ってきました!

※ビッグワントーナメント…釣ったトラウト類(ヌシ、イトウを除く)の大きさを競う大会。10回以上行ったことのある(カードにポイントがたまった)人のみ参加可能。

去年は70 cm後半が上位だったようです。


日程:10月29日(日)8:00~13:00
場所:五頭フィッシングパーク
天気:雨
風:たまにあり
釣行者:根係、べちょー、R32、奈良
合計釣果:ニジマス×約100(?)
タックル
ロッド ダイワ ロッド プレッソ 60XUL・N
リール シマノ ナスキー 1000S
ライン ArmoredSトラウト 0.3号 100m
リーダー ダイワ PRESSO Leader TYPE F 3lb



23032.jpg
天気はこんな感じ




6時少し前に家を出発

本間釣具店にて、ルアー等を補充

7時前に五頭FPに到着    整理券を受け取る(人が少なかったので、抽選は無かった)

根係さんと合流し、釣り具の準備をしながら待機

7時30分から釣り券の購入

8時になり釣り開始!

すると一投目からヒット!
その後もほぼ毎投ヒットの連続

ヒットせずともアタリが無いことはほぼない状況が続きました。

この日は東屋側で釣り教室が行われていたので、放流魚が多かったのかもしれません。


が、べちょーさんは一投目からライントラブル…
スタートが少し遅れます。

時間がたつにつれて少しずつ反応が少なくなってくると、べちょーさんが復活し、そこからべちょーさん連続ヒット!
しばらく釣れ続きます。

だんだんにペースが落ち着いてきた中、黄色っぽいやつがヒット!
アルビノでした!!スタッフに確認していただき、割引券GET


そのあとまたしばらくして
根係さんに
WP_20171029_10_40_25_Pro.jpg
再びアルビノがヒット!



この後、奈良くんもアルビノを釣り上げていました!

べちょーさんはスレ掛けでアルビノをかけて嘆いていました…




サイズに関しては根係さんが掛けたマスが一番大きかったですかね

ビッグワンの練習で行ったつもりが、数釣り練習の釣行となってしまいました。楽しかったからいいんですけどね!





23031.jpg
帰りにのろしに寄ってラーメンを食べて終了!





簡単に
~まとめ~
・表層早巻きが良かった(byべちょーさん)
・根係さんは時々フライで遊んで、飽きたらルアーを投げていた。浮きが動くのを隣で見るのは興奮した。
・マグナムクラピーはほぼ毎回水草まみれで帰ってきた。
・アルビノはいつもより反応が良いように感じた。いつもはルアーを無視する印象。
・リーダーは前回のままだったが、特に交換せずとも最後まで使えた。チビばかり掛けていたからか。
・リリーサーのおかげでだいぶ手返し良くできたが、まだまだ練習が必要。
・1.5 g付近のスプーンがもっと必要。
・底付近は水草がかかるので、探りにくかった。
・雨だったせいか、人が少なく、周りの人に対する心配事がいつもより無かった。


何だかんだで全体的に活性高いように感じました。


奈良くん運転ありがとうございましたm(_ _)m根係さんとも久しぶりに一緒に釣りに行けて楽しかったです!

追記等ありましたら、よろしくお願いします。

こんにちは!Tonyです。

前回に引き続き、ヤマメを追いかけた記録のパート2です。

日時:9月14日
場所:岩手県猿ヶ石水系
釣果:ヤマメ1匹 カジカ1匹

ルアー
DUO SPEARHEAD RYUKI 45S 赤腹ヤマメ

この日は、数日前の大雨で増水して濁っていたところが落ち着いて、濁りがとれ、少し増水している状況の釣行でした。

感じたこと
・増水していたため、シンキングスピードの速いルアーを選択。

・チャラ瀬でボトムすれすれを引いてくると、まさかのスレでチビカジカ。ごめんよ

2017_01_08_18.jpg


・流れの穏やかなところではウグイのライズがあったがヤマメのライズは見られなかった。

・ヤマメのヒットは流れの際にあるオーバーハングの下に入れたら飛びつくように食ってきた。

2017_01_08_20.jpg


・増水によって魚が散った感じはあるが、流されて溜まっているということはなかった。



日時:9月15日
場所:岩手県猿ヶ石水系
釣果:ヤマメ2匹

ルアー
:ITO.CRAFT EMISHI50StypeⅡ RB

この日は朝の気温が低く、吐く息が白くなるほどでした。増水していたところは落ち着きを取り戻し、上りやすい釣行となりました。

感じたこと

・キャスト、トレース、フッキングまでの一連の流れを常にイメージしてキャストをした。

・状況:膝上の深さがあり流れは速い。赤丸の辺りで上から流れてくるエサを待っていると予想する。青丸の白波のたっている所にキャスト。ロッドを立てた状態でトゥイッチをすることで弱っている魚を演出。チェイスが始まってから(チェイスが見えなくても)徐々にルアーのスピードを上げる。ルアーの向きが変わった瞬間にバイトしてきた。

S_6728673815455.jpg

2017_01_08_23.jpg
・20cmの綺麗なヤマメがガツンとバイトしてきました。




・状況:深さは画像の左側が膝下、右側がくるぶしくらいの深さで流れは比較的穏やか。赤丸の位置は木の根元がえぐれていて、そこの下で休みながら流れてくるエサを待っていると予想。トレースをする距離が短いため白波の上にキャスト。暖流のため、見切られないようにトゥイッチを早めにしながら反転する瞬間に間を作り流れに乗せる。すぐにヤマメはバイトしてきた。

2017_01_08_26.jpg

2017_01_08_24.jpg




日時:9月16日
場所:秘密
釣果:
イワナ1匹
同行者さん:ヤマメ1匹 イワナ数匹
(チェイス、バラシ多数)

ルアー
:ITO.CRAFT EMISHI50S CT
:ITO.CRAFT EMISHI50StypeⅡ RB

この日はこれまでと違う初めての場所に同行者さんと二人で入りました。とても雰囲気が良いが熊さんが出そうで終始ビビりながら釣りしてました。

感じたこと
・魚影が他のところよりも濃かったが、入渓しやすいポイントだけあって魚がスレていた。

・同行者さんはスプーンを中心に丁寧に探っていた。

・上流部で野生のリスに出会った。

・他の入渓ポイントには車が所々に停まっていて、トラウトマンがシーズンの終わりを堪能しているように見えた。

・今回は魚の写真を撮り忘れていました。なので、少しだけポイントの写真を・・・

2017_01_08_27.jpg
同行者さんにはいつまでたっても敵いません笑
2017_01_08_30.jpg

2017_01_08_33.jpg

2017_01_08_36.jpg

次の日は台風が来たため、今年のネイティブトラウトはこれで終わりです。10月からの禁漁期間はエリアに行くと思います。

短い間の数回の釣行だったがとても楽しめ、多くの魚に遊んでもらえて最高の時間でした。

これからの紅葉が始まる時期は、トラウトが産卵期に入るため、禁漁となっている区間および期間の違法釣行(密漁)は
絶対にやめてほしい。

また、シーズン終盤になると抱卵個体が産卵ポイントに集まるため、同じポイントで何匹も釣れることがあるが、必要最低限のキープをしたら、残りは魚の体力消耗を極力抑えて、優しくリリースをしてほしい。

来年の釣果は環境(災害など)の影響もあるが、一人一人が意識することで変わってくると思う。

以上、自分がヤマメの虜になっていた記録でした!
こんにちは!Tonyです。

ヤマメを何日も追いかけてきたのでそれを記録します。

今回は長くなるので2つに分けようかと思います。

日時:8月21日
場所:岩手県猿ヶ石水系
釣果:ヤマメ2匹

ルアー
:ITO.CRAFT EMISHI50S CT

この日は、これから毎日のようにアタックする場所の下見と練習を兼ねて行きました。

感じたこと

・チェイスしてくる数は多いが全てサイズが小さい。

・人の入りやすいポイントでは魚のスレが激しかったため、ルアーを鼻先にもっていっても嫌うように避けていった。

・ショートバイトが多いせいかバラすことが多かった。

・去年の台風や大雨の影響で渓相が大幅に変わっているポイントが多かった。

・平日であっても有名なポイントだけあって釣り人は普通にいた。

・鹿、タヌキ、熊の足跡が沢山あるため常に周囲の警戒が必要になる。

・加えて人の存在を知らせる鈴、ホイッスルなどの鳴り物も必需と感じた。

2017_01_08_2.jpg

薄暗い中での今期初ヤマメ。小さいながらもアタリと引きはいっちょ前。

2017_01_08_3.jpg

先行者の後に入ったが何とか一匹出せた。

2017_01_08_5.jpg

こんな足跡がいたるところにある。いつのかわからないが熊さんの足跡もこの日見つけている。




日時:8月22日
場所:岩手県猿ヶ石水系
釣果:ヤマメ4匹、ウグイ1匹

ルアー
:ITO.CRAFT YAMAI50S typeⅡ AU
:JACKALL Tricoroll55HW 金ヤマメ
:アートフィッシング 忠さんのスプーン バイト 3.7g カルペ・ニュージーランド

この日は前日よりも早い時間帯に出発し、入渓ポイントを実績のあるポイントに変え、暗い状況の中からのスタートとした。

感じたこと

・暗い時間帯でも普通にアタックしてきた

2017_01_08_8.jpg

・今までウグイが釣れなかった上流のポイントでもウグイが釣れた。

2017_01_08_9.jpg


・この日もショートバイトが多く、うまく乗らないのでスプーンに変更。

・使用スプーンは知る人ぞ知るアートフィッシング忠さんのスプーンバイトのアワビ貼り。

2017_01_08_11.jpg

2017_01_08_13.jpg


・黒ベースのスプーンはとても見えづらかった。見失うこともしばしばあった。銀ベースは光の具合で水面の反射と被りフッキングを逃すことがあった。

・忠さんのスプーンは速い流れの中でもしっかりと水を噛んで浮き上がりが無かった。





日時:8月24日
場所:岩手県猿ヶ石水系
釣果:ヤマメ1匹

ルアー
:Cloverスプーン3.2g アカキン

この日は前々から調整してたオールドリールDAM Quick110のネイティブ初釣行でした。

使う前から壊れないか、バックラッシュしないかとか不安を抱えながらドキドキしてました。

感じたこと
・キャスト後の糸ふけが多いとベールを戻したときにラインローラーの近くに絡まることが多かった。

・キャストをオーバーよりもサイドやフリップにすることで改善はできた。

・今どきのリールと比較するとローギヤすぎるため、流れのはやいところでは巻き取りに精一杯だった。

・流れの緩やかなプールや反転流しているポイントでは使いやすいかもしれない。

2017_01_08_14.jpg

次回part2は毎日のように通った渓流で、キャストからフッキングまでの流れにおいて自分が何を考えているのか、初めてのポイントで感じたことなどを書きたいと思います。
こんにちは、R32です。
先日、群馬県の榛名湖までワカサギ釣りに行ってきました!
20485.jpg



日時:9月8日(金)
場所:榛名湖
水深:約5~6 mのポイント
天気:晴→雨→快晴
風:多少船が揺れるくらいに有り
穂先:[VARIVAS]公魚工房 ワークスリミテッド[VAR-27FS] 先調子/ライトアクション
リール:クリスティア CR PT 
ライン:ArmoredSトラウト 0.2号 
釣行者:JK、澪標、べちょー、R32
釣果:ワカサギ×617、230、232、215   合計1294匹


~午前の部~

午前2時に新潟出発→5時にJKと合流→6時にボートに乗って出発!
2人乗りなので(JK,べちょー)組と(澪標、R32)組に分かれる。
20493.jpg

JKさんは前日も行っていたので、その情報からポイントへ。(今回も魚探は無し)
20481.jpg
手漕ぎのボートです。


ポイントについたら、仕掛けを準備し釣りを始めた。
突然の大音量ラジオ体操が流れて、少し動揺しましたが釣りに集中。


しかし、反応が少ない。 まわりの長竿勢はどんどん数を稼いでいるが、短竿の自分はそうでもなく渋い…
短竿で釣っている人を見つけながら、少しずつ移動して釣るがなかなか続かない。
20484.jpg
長竿二刀流とスピニングタックル


20479.jpg
7連達成!

20488.jpg
長竿二刀流で手返し完璧な状況を準備したJKさんはどんどん数を伸ばしていく。




辛くなってきたので、長竿にしてそこそこ反応があるポイントで数を稼ぐ!が、雨と風でとても寒く、さらにつらい状況に……

お昼近くなってきたので、一度陸に上がって休憩&作戦会議。

午前のまとめ
・とりあえず、仕掛けは鈎1.0号の装飾あり(7本鈎)と無し(5本鈎)を使うがあまり違いはわからず。(というかそんなに釣れてない。)
・探っていたタナは水草の上くらい。底付近はすぐに水草に引っかかるので釣りにならない。浅すぎても反応が無い。
・べちょーさんは手ばねでも釣って楽しそう。
・重りは6グラムを使った。
・雨と風がきつい時間は寒いし、魚の反応もそうでもないしで絶望状態



~午後の部~

とりあえず、ボートに乗ってからすぐのポイントで釣りをしてみることに。
長竿のおじいさんはそこそこ釣っているが、短竿はどうかな?
ということで初めて見るとさっそくアタリが‼
続きそうだったので、しばらくそこですることに。


最初はそこそこ爆釣状態で、澪標さんも興奮状態。
やっぱり短竿ですね!なんて話をしながら、続けているとだんだん群れが回ってきたタイミングでしか掛からなくなる。
原因はわかりませんが自分しか反応が無いタイミングが時々あった。

場所のちょっとしたズレですかね~という話をしていると
澪標さんからインチキフィッシングだ~と言われ、インチキフィッシングってなんすか!(笑)
といったやり取りができるくらいには午前中より精神的に回復していました。


反応が薄くなり、とりあえず移動してダメだったら夕マズメでまた戻ってこようということに。

何度か移動し、最終的にJKさん、べちょーさんのボートの近くに行ってみた。
そこで仕掛けをたらしてみるとアタリが!!
そこからほとんど爆釣状態に入ります。


そこからは15時30分くらいまで釣れ続け、自分は仕掛けが絡まって終了。澪標さんも反応が薄くなってきて、ボート返却の時間が近いのでとりあえず終了。


結果は
20486.jpg
こんな感じになりました。

午後のまとめ
・仕掛けとかエサの種類とかよりは釣れるポイントをとりあえず探すのが最優先?
・アンカーをできるだけ短くしようと思って結んだら、(おそらく)風でボートが動いた際にアンカーが浮いてしまった。そのためボートが一度大きく流された。少し長いくらいがいい?ロープはほどけていなかったはず…
・午後の開始直後に少し釣れ続いたが、途中から反応が少なくなったポイントもアンカーが動いてしまったか。ちょうど群れが回ってきた時間だっただけなのか。
・短竿楽しい!JK、べちょーさん組もこちらの短竿を見て興奮していたらしい。
・ワカサギの重みが乗った時が最高。
・クリスティアの巻き速度を3にしていたが、もっとはやくすることでペースを上げられたと考えられる。
・釣れたのは水草の上あたりで2~3 mが多かった。
・テンションが抜けるとすぐバレることが多かった。久しぶりのワカサギ釣行で、船べり停止機能の活用を忘れていた。
・誘いについて、反応が無いタイミングで追い食い巻き上げやスプールをいじって仕掛けを落とす誘い(何か名称あったっけ?)が効いた気がする。だが単純に数を稼ぐなら、誘ってちまちま釣るよりはアンカーを移動させて爆釣するところでやったほうがよい。


20490.jpg
46781.jpg
釣ったワカサギはおいしくいただきました。



ちなみに自分たちが最後に入ったポイントの少し奥では、DAIWAの方がワカサギ釣りをしていました。
ダブルアンカー、短竿二刀流で1000匹超えだったそうです。(風があるときはアンカー一つにしたのかな?)
ポイントから自分のボートがずれるたびに何度もアンカーをあげて修正していたらしい…



ずっと爆釣というわけにはいきませんでしたが、短竿でそこそこ楽しめました!
個人的に次のボートワカサギはまた来年になりますかね。氷上が待ち遠しいです。